JR山手線 山手線で半世紀ぶりなる新駅高輪ゲートウェイ決

JR山手線 山手線で半世紀ぶりなる新駅高輪ゲートウェイ決。自分は逆にゲートウェーやゲイトウェイに違和感を覚えますねGate。山手線で半世紀ぶりなる新駅「高輪ゲートウェイ」決まり、表記おかくないか カタカナ表記ちぐぐ
「高輪ゲートウェイ」でなく、
「高輪ゲイトウェイ」

「高輪ゲートウェー」
でなければ整合性取れない思
っ言えば、「ゲートウェイ」て田舎の人寄せ駅
じゃあるまい、ダサすぎませんか 「なんで明朝体にした。JR山手線で。およそ半世紀ぶりの新駅となる「高輪ゲートウェイ」の駅舎が
完成し。今月日の開業を前に内覧会が行われました。特徴の1つが改札内の
コンコースで。警備や利用客の案内。それに清掃などを行う自律移動あの駅には何がある。首都圏の大動脈でもある山手線に。約半世紀ぶりとなる新駅「高輪ゲートウェイ
駅」がに開業した。駅名発表時から多くの話題をふりまいてきた
同駅は。品川駅-田町駅間に開設。山手線のほか。並走する

高輪は何の「玄関口」なのか。なぐもん?東日本旅客鉄道東日本の新駅「高輪ゲートウェイ駅
」が月日。山手線?京浜東北線の品川~田町駅間に開業した。山手線の
駅としては約半世紀ぶりの新駅だ。やロボットなど最新技術が山手線に半世紀ぶりの新駅。東日本は日。山手線で約年ぶりの新駅となる「高輪ゲートウェイ駅」
東京?港の建設現場を報道陣に公開した。駅舎は建築家の隈研吾氏が設計し。
開放感がある構造が特徴。工事は全体の割ほどを終えており。高輪ゲートウェイ駅前イベントで顔認証改札技術などを体験。山手線で約半世紀ぶりの新駅として誕生した高輪ゲートウェイ駅。さまざまな
先進テクノロジーが注ぎ込まれたこの駅の概要や魅力を紹介します。また。開催
中の「 」において体験できる「

山手線半世紀ぶりの新駅「高輪ゲートウェイ」に盛り込まれた未来。山手線で年ぶりとなる新駅「高輪ゲートウェイ駅」が月日に開業する。「
和」をコンセプトとした建物が特徴的なだけでなく。新駅には省人化などに向け
た新技術が多く盛り込まれている。ゴリ押し山手線新駅名「高輪ゲートウェイ」がなぜ嫌われ。年。品川-田町間におよそ半世紀ぶりに新駅開業予定の山手線の駅名が。
大々的に公募されていたにも関わらに投じられた大多数の票を完全に無視して
。位。わずか票の「高輪ゲートウェイ」なる意味不明な駅名に決ある
意味この異様な空間こそが真の「高輪ゲートウェイ」な感じもしなくもないです
が。新駅はこの高輪橋架道橋ているのに。ゴリ押し的に決まった新駅「高輪
ゲートウェイ」がこれに入るとそこはかとない違和感が漂うのである。

JR山手線。時分 JR山手線でおよそ半世紀ぶりの新駅となる「高輪
ゲートウェイ」が日開業し。夜明け前から多くの鉄道ファンなどが訪れてい
ます。 「高輪ゲートウェイ駅」は。山手線の番目の駅として品川駅

自分は逆にゲートウェーやゲイトウェイに違和感を覚えますねGate wayですよね?恐らくGateの発音は日本音に表すと明らかに「ゲート」ですし、wayもwayで明らかに「ウェイ」です、「ウェー」ではありません、、英語表記にしてみると案外納得するもんですよ面白い指摘ですなあ。外来語の二重母音をどう表記するかという投げかけなのでしょう。その意図がわかってない回答が目につきますね。見るべきはgoo********さんの回答ぐらい。この場合「整合性」がそこまで重要でしょうか。例えばローマ字表記の場合、訓令式とヘボン式が入り混じったような表記は具合が悪い。どちらかの表記に統一すべきです。しかし外来語の表記というものは、そもそもが規則というよりは「よりどころ」にすぎないわけですし、今回のケースに於いては、整合性よりはgate wayのそれぞれが日本でどう表記されるのが適当かということが優先されるべきかと思います。Gateway=ゲートウェイおかしいとは思いませんでした。ゲートウェイはコンピュータ用語で通り道の結節点出入り口ですが高輪への入り口と考えるなら高輪ゲートウェイで正解ともいえます。また、ここの直ぐ近くに高輪大木戸の史跡があり、ここが江戸時代は江戸の出入り口だったのです。これを現代風に翻訳すると高輪ゲートウェイとなりますのでピッタリな名称なのです。高輪ゲートウェイ駅は操車場などを整理した土地を活用価値を高めるするため超高層ビル街を造るのですが名称でイメージは大きく変わり価値も変わります。高輪は超高級住宅街のブランドですから外せません。またカッコイイ最近流行のカタカナ名称が良いですよね。はいこれが2024年度竣工予定のおそらく「高輪ゲートウェイ」と言う名称になる超高層ビル街です。GATEWAYgéitwèiは二重母音「ei」を2か所含むが、これをカタカナ化する際、一つを長音で、一つを「ェイ」で表記するのはおかしいのではないか、という御主張でしょうか?これは、「GATEWAY」という語より前に?「GATE」「WAY」のそれぞれが「ゲート」「ウェイウエイ」として日本語化されてしまっていたことに拠るものです。それがくっついてるから「ゲートウェイ」という、極めてシンプルなお話なのです。数年前、NHKの放送用語委員会で外来語中の二重母音をどうするべ……という話になったとき、原音内の「ei」は原則長音。ただし慣用的に「エイ?ェイ」が使われている語はそれに従う。連語?複合語の場合は、それぞれの語毎にこの原則を適用する……という話になりました。これは法律とかではなく一つの指標に過ぎませんが、まあそうするしかないだろう、というお話でもあります。一般社会でもおおむねこのやり方が昔から使われておりますので、現代日本語では、安全装置を表す「fail-safe」は原語の発音がféilséifでも「フェイルセーフ」と、ソニーのゲーム機「Play Station」はpléi stéi??nでも「プレイステーション」とカタカナ表記するのです。「GATEWAY→ゲートウェイ」も同様の経緯でこのカナ表記になったと思われます。というわけで、「原音のカナ化に統一性はないが、だからおかしいとは言えない」というお答えになるかと思います。駅に なんとか前 と付ける習慣がある、と金田一先生の本にありました。明大前京王線など。高輪前ではよくなかったのでしょうか。あるいは高輪入口。※高尾山口。これ 高尾?山口 たかお やまぐちと読みたくなる。

  • くら寿司がGo eatで午後3時に予約した場合2時40分
  • Google 画像のように決済ができません
  • 文章の書き方 この記事のトップのこの文章はどういう意味で
  • 英語で何て説明する この前文化祭を開催するかどうかの多数
  • 私ってダメね やっぱり日本の英語はダメだな
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です