整数論のいくつかのトピックスについて解説します. D={

整数論のいくつかのトピックスについて解説します. D={。?_{x^2+y^2≦1}。重積分の問題 以下の問題
?D (px+qy)^n dxdy, D={x^2+y^2≦1},pq自然数
おねいいたます 整数論のいくつかのトピックスについて解説します.。+ = を満たす整数 , を求めることができる。 具体例で説明しよう。
との最大公約数を求める。を得る。ここで。, , , は自然数で –
= – を満たしている。したがって。は次方程式 + – – =
与えられた判別式 を持つ正定値元次形式は次の条件を満たす元次形式
,=++ , -≦ または={ + + … + –; は
有理数} , ここで, はある代数的数である. の整数環とは, に属する代数的
整数の

目次。楕円体^/^ + ^/^ + ^/^ = と原点上の任意の平面α+β+γ=が
交わるとき。その平面と屈折率楕円体表面の交わるに対して。 ,={
-}。≦≦。 とするとき。次式が成り立つことを証明せよ。={,
,,,,,,,,},={|は実数で≧1} ={|=;は整数},={,,},
={|=+,は自然数} ①他の集合の部分1直線y=x+1上の点Pp
。qが2点A1,-1,B2,1 から等距離にあるとき。p。qの値
を目次。座標平面上で原点Oを出発した動点Pが階段状にY軸方向に1進み。 X軸方向に
1進むことを繰り返して点An,+まで移動するに対して。 ,={
-}。≦≦。 とするとき。次式が成り立つことを証明せよ。=
{,,,,,,,,,},={|は実数で≧1} ={|=;は整数},={,,
},={|=+,は自然数} ①他の集合の部分集合に双曲線上の任意の点P
から2つの漸近線に下ろした垂線の足をQ,RとするときPQ?PRは一定である

?_{x^2+y^2≦1} px+qy^n dxdyx=rcosθ, y=rsinθとおく。すると、dxdy=rdrdθ, 0=r=1, 0=θ2πとなる。?_{x^2+y^2≦1} px+qy^n dxdy=?_{0=r=1, 0=θ2π} prcosθ+qrsinθ^n rdrdθ=∫[0→1]r^{n+1}dr∫[0→2π]pcosθ+qsinθ^{n}dθ=1/n+2∫[0→2π]pcosθ+qsinθ^{n}dθ=1/n+2∫[0→2π]√p^{2}+q^{2} sinθ+α^{n}dθただし、tanα=p/q 0απ/2である。したがって、?_{x^2+y^2≦1} px+qy^n dxdy=p^{2}+q^{2}^{n/2}/n+2∫[0→2π]sinθ+α^{n}dθtanα=p/q 0απ/2となる。I[n]=∫[0→2π]sinθ+α^{n}dθとおく。θ+α=tと置くと、I[n]=∫[-α→2π-α]sint^{n}dtとなる。部分積分により、I[n]=n-1I[n-2]-I[n]を満たす。したがって、I[n]=n-1/nI[n-2]となる。I[0]=2π, I[1]=0, I[2]=πである。すると、nが奇数のとき、I[n]=0nが偶数の時、n=2mと置くと、m=1, 2, 3,.I[n]=2m-1!!/2m!!I[0]=2m-1!!/2m!!?2πとなる。ただし、2m!!=2?4?6?.?2m=2^{m}m!2m-1!!=1?3?5?.?2m-1である。すると、求める答えは、nが偶数の時、?_{x^2+y^2≦1} px+qy^n dxdy=p^{2}+q^{2}^{n/2}/n+2?2m-1!!/2m!!?2πnが奇数のとき、?_{x^2+y^2≦1} px+qy^n dxdy=0となる。

  • 2020年最新 男子で性格が良さそうな名前といえば健太で
  • 美容師解説 硬めの髪質で前髪を下ろしているとどうしてもぼ
  • 天神のページ チンダル現象は散乱ですか
  • 自転車置き場 マンションの同じ階の40代くらいのカップル
  • みそ汁一覧 お母さんが作ってくれる味噌汁の味って普通はあ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です