ピックアップno11 内野ゴロ打った打者走者一塁送球早く

ピックアップno11 内野ゴロ打った打者走者一塁送球早く。空過がアピールとなるのは、当該の塁で守備側の選手のプレイが行われなかった場合です。内野ゴロ打った打者走者一塁送球早く一塁駆け抜けた、白色ベースであつた場合一塁塁審ようなジャッジすればいいのでようか
一塁空過でアピールプレイのでセーフアウトジャッ ジできないのでないでいるのでようか ソフトボール審判。フォースプレイ時。内野への打球の位置による左右への移動してのジャッジする
位置。一塁塁審の私は勿論。二塁塁審や球審そして三塁塁審も守備妨害
にあたる接触は認められないと抗議を退けようとするが監督のソフトボール
審判員になるには???, ソフトボールの審判員になりたいけど。どのような道順
でなれますか? 打球に対する判定する位置 打者走者の触塁を確認して宣告
塁でプレイがある時打者走者が送球より早く白色ベースに触れてもオレンジ
ベースへの空過

ルールダブルベース。野球に比較し。塁間が短いため。打者走者と一塁手が交錯し怪我をする可能性が
高いため。傷害事故を避けるために一塁を空過したことになり。打者走者が
通過したのち。塁に戻る前に守備側からアピールがなければ打者走者をアウト
《例1》打者がショートゴロを打ち。送球される前に白色部分のみ踏んで
駆け抜けた場合。一塁審判は。「セーフ」と言えません。従って。一塁手は。先
に打者走者が白色部分を駆け抜けても。アピールするか打者走者にタッチすれば
アウトになりピックアップno11。私たちのようにあまりルールのわかっていない“草原の小動物系”チームは。
とんでもないミスジャッジをするたびにルールを熟知してそして。「アウト」
を宣告するときはひと呼吸おいてから。「セーフ」のコールは出来るだけ早く
コールしてください。ただし。ホームベースの角接点をかすって通った
場合はボールになるそうです。内野ゴロなどのジャッジをするとき。1塁審判
はプレーの邪魔にならず。かつ。はっきりプレーが見える場所に移動しなければ
なりません。

空過がアピールとなるのは、当該の塁で守備側の選手のプレイが行われなかった場合です。空過は、走者の通過時に守備側の選手のプレイが無かった場合は「正規に触塁したものとみなす」となりますが、質問のように「フォースアウトにしようと送球された場合」は、走者が正規に触塁前に送球が到達していれば「走者は塁に到達していないからアウト」です。質問のようなケースでは、1塁に送球されていますから、打者走者はオレンジベースのみが有効となります。白ベースを踏んでも「有効な塁を踏んでいない」のですから、オレンジベースを跨いでいったときと同じ判定=即座にアウトとなります。元々、走者が到達した塁で、守備側のプレイが何も行われなかったときは、審判員は何のジャッジもしてはいけません。よく野球アニメで、送球されていないのに塁審がセーフとかやってる場面がありますが、あれは間違いですね。白色ベースを踏んで駆け抜けた場合、1塁送球が打者走者をアウトにしようとしたものか?駆け抜けた後の空過をアピールしたものか?で判定の仕方は変わります。アピールは、ただボールを保持してベースを踏むだけでは有効になりません。先の回答者の「送球があった時点でアピールとみなす」も間違いです。走者の空過をアピールしなければならず、ただ送球するだけではダメなのです。また、オレンジベース駆け抜け後は「2塁進塁の意思」を見せなければ、フェアグランド内を歩いて戻ってきてもokです。タッチされてもアウトにはなりません。>オレンジを踏み駆け抜けた後、線をまたいで白側の方に入ってしまった場合ファーストベースを踏みながらボールを持っていた守備側の人がいた場合もアウトになります。そんなルールはありません。確かアウトだった気がします。オレンジを踏んで駆け抜けならセーフですが、オレンジを踏み駆け抜けた後、線をまたいで白側の方に入ってしまった場合ファーストベースを踏みながらボールを持っていた守備側の人がいた場合もアウトになります。説明が下手でごめんなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です